勇者が満車率300%に挑む!密室の刹那を求める狩人の行く末は?

画期的なシステムで、多くの電車ファンを魅了した、『満車率300%』。
数々の女を虜にした中年親父は去って、その代わりに、若い男が、この舞台に上がりました。

獲物を見極める眼力をもち、真面目に努力する、その優男は、5人のヒロインに、狙いを定める。
ここからは、あなたの行動で、満車率300% 弐の全てが、決まりますよ?

作品の概要

前作のユーザーからの意見をフィードバックして、より進化した、電車バトルに♪
虚無感に満ちた主人公は、同じような、壊れた女たちを狙う。

新たな主人公による挑戦

基本的な流れは、前作の『満車率300%』と同じ
登場するヒロインも、それぞれ個性的で、現代っぽい雰囲気です。

  • ホス狂いのぴえん系で、ふーぞく勤務
  • モラハラを受けている、乗り鉄の女車掌
  • 乗客に見せつける、露出狂の自転車乗り
  • キャッシュフローが終わっている、港区女子
  • 口が悪い、eスポーツのプロ

どいつも、遠からず、自爆する未来しか、見えません!

ヤバい。
これは、ヤバすぎる……。

それでも、イケボで「いつから、自分は大丈夫だと思っていた?」と言いそうな主人公は、こいつらに挑みます!

満車率300% 弐

正当進化したシステムは快適

自由に動いて触れるシーンは、健在!
他の乗客からの視線に注意しつつ、狙った女の性感帯を開発しよう♪

3Dによる、リアルな造形と、主観視点による移動。
それは、駅のプラットホームから車内へ続き、次の停車駅のアナウンスで、残り時間が分かります。

今回は、「アイテムの購入で、アクションシーンを有利に進める」という流れ。
前作とは異なり、お金を稼ぐ重要性が、大幅にアップ!

『満車率300%』のアペンドで実装された、「アダルトグッズによる責め」も、標準装備です!

自分の妻をセルフNTR

『満車率300% 弐』の主人公は、壊れた人間。
「どれぐらい、ヤバいか?」と言われれば、「自分の妻を電車で、お触りするぐらい」と答えられます。

はい。
妄想ではなく、ちゃんと書類上の妻で、2人の間には子供もいます

『満車率300% 弐:Append.1 保母さん連結ぱっち』を導入すれば、そのインモラルを味わえますよ?

ヴァイゼの感想

「都会の隅で、ぶっ壊れた男女による狂演」
これだけダウナーに攻められるのは、『満車率300%』のナンバリングだから!

前作よりも若く闇が深い主人公

今回の主人公は、「順調にコマを進めてきた」といった、社会人の男です。
そろそろ管理職で、部下の扱いに悩みそうな雰囲気ですが、妻子とは他人のような関係

だからこそ、破滅的な道を歩み始め、同じような、破滅しかかっている女たちと、享楽に耽ります。

『満車率300%』の主人公は、もう老齢に差し掛かっていて、良くも悪くも、ただのスケベ親父でした。
けれど、今回の主人公は闇が深く、「こいつ、そのうち、何かやりそうだな……」と不安になる感じ。

いやまあ、実際に電車で、やらかしていますけど……。

相変わらずヤベー女ばかり

『満車率300% 弐』のヒロイン5人は、どいつも、ヤバすぎ。
吹っ切れたのか、現実でいたら、絶対に近づきたくない面子が、勢揃い♪

それだけに、やっぱり、罪悪感ゼロ。
むしろ、どうやって離脱するのかな、この主人公?

個別に追い詰めて、彼女たちの事情を知ったうえで、誘導しつつも、電車内でお触り
普通から外れたヒロインは、主人公の網に絡め取られて、その餌食に……。

今回は、ぴえん系女子を除けば、全体的に、お姉さん系ばかり
女子校生の制服はなく、その点は、ちょっと残念。

お金の使い道ができて嬉しい

スキルを育てることがメインだった前作とは違い、今回は、スキルの習得や、アイテム収集に使えます!
ここは、素直に改善してきた話で、嬉しい限り。

ホッと安らぐ、自宅の部屋での一時や、スマホによる配信などの稼ぎ。
対照的に、狩場となっている電車内の緊張感もあって、思わず没頭します。

どいつも、リアクションが多く、興奮します。
この手のゲームは、限られたパターンで、似たような反応になりがちですが、膨大な量によって飽きず。

商業ブランドと同じ価格帯ですが、それに見合ったクオリティと、ボリュームです。

駅の構内でヒロインを追跡できる

『満車率300% 弐』の大きな特徴は、駅の構内で、ヒロインを追いかけられること。
膣キュン状態にしたら、逃がさず、Hシーンへ持ち込め♪

全て完結していた『満車率300%』と比べて、「どう考えても、車内では無理だろう?」と突っ込みたくなるシチュが減り、人目につかない場所でのプレイに……。

こちらは、リアルタイムの3Dお触りだった車内とは違って、一枚絵のHイベント。

電車バトルが終わったら、主人公は職場、または、自宅に着きます。
この場面では、ヒロインの鞄からSNSアカウントを入手している場合に、コミュニケーションをとれます。

この表と裏の顔を使い分ける流れは、『忍堕とし』と、よく似ています。

高い自由度に個別ストーリーも

『満車率300% 弐』は、他の電車モノと比べて、その完成度の高さ、攻略対象のキャラ立ち、独自のお触りシステムと、いくらでも長所を挙げられます。

社会的な立場や、家庭環境をつけたことで、それぞれのヒロインの息遣いすら感じられる、生々しい状況に……。

自分で動かして、ヒロインを見つけ、隣に立つことで、難易度は高め。
しかし、「山中を駆け回り、ライフルで撃つための獲物を見つける」といった、狩りのような緊張感。

そして、SNSを利用して、そのヒロインの内面を淫らにしていく様は、まさに愉悦です!

そろそろ、次のマン車が、ホームに入ってきます。
乗りますか?