満車率300%の空間!色々な社会の弱者を見つけて心身の隙に触れろ♪

電車をテーマにしたエロゲは数あれど、完全な3D空間で、自由に移動できるのは、この世界だけ!
現実に酷似した、でも違うプラットホームに立てば、あなたとの交流を望んでいる女たちが、次々にエンカウント♪

逃げ場がなく、自分の学校や職場への足である、電車の中。
満車率300%は、獲物を見つけて、屈服するまで追い詰める場所にも……。

作品の概要

未だかつてない、「どの車両に乗るのか?」から始まる、電車バトル!
『満車率300%』は、あなたの行動と選択で、日常から女の籠絡まで、様々な未来へ……。

位置取りから勝負スタート

3Dで描かれた、リアルな駅のプラットホーム。
早朝の、気だるい空気が良く再現されており、スーツの社会人、制服の学生たちが、ランダムに動いています。

攻略できるヒロインは、左上の画像で分かる通り、5人です。
それぞれに事情があって、社会的な立場や、志向も違うのが、特徴。

ゲーム内のSNSを駆使しながら、心と体の両方を堕とすことが、『満車率300%』の目的です。
ヒロイン達は、自分の駅で降りるため、計画的に動かなければいけません。

満車率300%

リアルタイムのお触り

乗客の視線は、ビーム光のように、表現されています。
それらを掻い潜り、あるいは、一時的に我慢しつつ、密着したターゲットを愛撫することで、性的に開発していく流れ

主人公は、妻子がいる、社会的に成功した人物。
であるのに、電車内でスキンシップを行い、同時に、その女の個人情報から、SNSのアカウントにまで浸透していく……。

学生、看護婦、保育士と、多種多様なヒロインを感じさせ、彼女たちの悩みに寄り添えるのは、『満車率300%』の主人公に人生経験があるから!

現代社会の弱者を籠絡する

『満車率300%』は、企画モノでよくある、痴女に開発していく内容。
ただし、こちらはゲームで、社会構造に押し潰され、弱り切った女が、攻略対象です。

  • 薄給なのに激務で、職場の人間関係も最悪
  • 世間知らずで、何にでも染まってしまう女子
  • 金に困っている、エリート職

これらの理由で、主人公に抵抗できず、呑み込まれていきます。
いわば、社会的な弱者を狙い、新しい世界へ招待していくような……。

彼女たちは、どこにでもいる、普通の女。
けれど、頼りになる男を求めている牝でも、あります。

ヴァイゼの感想

電車のお触りの、殿堂入りです!
独自に開発したことで、『満車率300%』は、他にはない空間。

電車モノの最高傑作

不便を強いられることで、狙ったヒロインを堕とした時に、大きな達成感を得られます
駅のプラットホームから自由に動けるのは、『満車率300%』ぐらい。

それに、ヒロイン5人のボリュームもさることながら、「現実でタブーになっているネタ」を前面に押し出していることも、大きいです。

それを主人公が解決しつつも、ヒロインを痴女にする話。
善人ではないから、本人に心の整理をつけるぐらいですが……。

ぶっちゃけ、主人公が介入せずとも、「そのうち、夜のお店で働きそうだな?」と思える連中ばかり。
プレイヤーの罪悪感は、全くと言ってよいほど、ありません。

媚薬や催眠を使わない王道

『満車率300%』は、媚薬や、催眠を使いません。
死に戻り、周回プレイとしての、スキル育成、感度アップはあれども、正攻法だけで痴女に堕とすのです

1つ間違えれば、「重苦しいだけで、遊ぶのが辛い……」となりがちな、リアリティ溢れる世界。
だけど、主人公がコミカルな中年親父で、「SNSに画像や動画をアップしても、なぜか特定されない」という、ご都合主義によって、和めます。

良い意味で、ヒロインと距離があります
必死に耐えているものの、彼女たちは苦しんでおり、遠からず溺れるだけ。
ところが、電車内のお触りと、お互いに素性を明かさないSNSの交流で、他人事とする主人公♪

主人公に余裕があるのは、もう人生で、アガリを迎えているから。
そして、無責任だから。

いっぽう、無責任な中年親父に翻弄され、素性も分からぬSNSで、素直に聞く女たち。
目の前の快楽に流され、エンディングでは、立派な痴女としての姿だけ。
彼女たちは要するに……馬鹿なのでしょう。

3D空間で獲物を待つ時間

『満車率300%』では、順番に登場するヒロインを見つけて、車内でマッチアップする段階からスタート
そこを外せば、ただの通勤電車のシミュレーションです。

他の電車モノは、車内にいる状態が多く、かなりの異色。
全て自分で判断するため、緊張感がすごい……。

実写の企画モノと同じく、「電車内で、コレはないだろ?」という、「オッパイ丸出し」なども。
興奮するプレイ中も、乗客からの視線ビームや、状態を気にすることが必要!

今回は、5人中2人が学生で、若さを売りにしている感じ。
保育士も、童顔の巨乳!
美人のスッチーもいますが、添えるだけ。

駅のプラットホームにやるせなさ

『満車率300%』では、駅のプラットホームの雰囲気が、たまりません。
大勢のモブが動いていて、没入感がすごい。
工数を省くのなら、こういった部分は、作りませんからね……。

明るい朝には憂鬱で、逆に夜は、「ああ、終わった!」という開放感。

お触りでも反応が良く、嗜虐心を煽ってくれます
もっとも、前述したように、「ヒロインを見つける」という段階から行われ、最初は戸惑っているうちに終わるのがオチ。

慣れてくれば、だんだんと、狙ったヒロインを追い詰められますよ?
作中のスマホによる、ステータスの確認など、操作するインターフェイスも、ばっちり!

不便さを乗り越えた先の悦楽

「辛い現実を忘れるため、束の間のお触りに身を任せる」
現実にはあり得ないシチュが、『満車率300%』にあります!

童貞の男子ではなく、大きな子供がいる親だからこその、話術とテクニック。
彼女たちは、脅迫でも、買収でもなく、自らの意志で、主人公を受け入れます。

もっとも原始的、かつ、最高の娯楽であるHは、ヒロイン達に辛い現実を忘れさせることに……。

「マン車、そろそろ参ります。股間を発射せずに、お待ちください♥」