ゾンビのありふれた世界!俺だけが襲われないと知った時にどうする!?

ゾンビパニックの中で、「主人公だけが、襲われない」というシチュがあります。
これは、WEB小説に端を発したジャンルで、「俺ツエー!」の一環です。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないは、いかにも、なろう系。
しかしながら、ここにあるのは、本物の性と、生き様だけ。

作品の概要

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』は、レジェンドです。
なぜなら、このジャンルで、出版に漕ぎ着けたから。

18禁の「なろう」で年間1位

ネット投稿の、小説サイト。
最大手の「小説家になろう」には、18禁版の「ノクターンノベルズ」もあります。
そこで、年間ランキング1位だったのが、この『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』です

ゾンビ物は、そもそも、小説という媒体に向いていません。
映像や演出で、魅せるもの。
それなのに、一般向けと比べてマイナーな、「ノクターンノベルズ」で、堂々の書籍化!

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』には、エログロ有りで、本物のパンデミックとの戦いがあります。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

ゾンビパニックの生々しい現実

主人公は、冴えない男。
まだ若く、イケメンであるものの、仕事が上手くいかず、単身用のマンションに引き籠もってのゲーム三昧。
ところが、ふと気づいてみれば、外の世界は……。

なろう系としての、「噛まれたけど、ゾンビにならず。仲間と思われているのか、他のゾンビから襲われないように」という、チートを獲得!

これだけなら、凡百のWEB小説と、同じ。
でも、『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』は、主人公の一人称をメインに、その心理描写が、卓越しています

記号ではない美少女と生き残る

男の人って、いつも、そうですね! 私たちのこと、何だと思ってるんですか!?
WEB広告で一時期、かなり目についたから、覚えている方も……。

この台詞は、『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』に、登場します。

「オッパイがついた、生オナホだよ!」と返したいですが、主人公は、わりと真面目に答えます。
もっとも、その返事は、藤野深月が望んだものとは、限らず。

ヴァイゼの感想

「ゾンビ女や、生存者を集めて、レッツパーリィだぜー!」
そういう方には、向いていない作品です。

日本のゾンビ物として殿堂入り

海外で生まれた、ゾンビ作品。
「仕方なく、人をぶっ殺せる」という環境がウケて、今でもシリーズ化されています。

日本でも、萌えアニメ、18禁エロゲ―との融合。
合体事故を起こしたように、美少女たちが、暴漢やゾンビたちに、犯されます。

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』は、リアリティが高め。
その意味では、『The Lust of You ~退廃世界で美女たちとヤリ放題~』に、近いです。

ただし、こちらの主人公である武村雄介は、良い子ちゃん。
大人だから、「何があっても、クラスメイトを見捨てない!」にならず、「筋を通すが、一方的な要求はキッパリと断る」という、絶妙なバランスです。

単純なノベルゲーだが興味深い

「主人公をイジメるか、罠に嵌めていたのに、同じ学校の生徒、女子というだけで助かる」
この展開に、納得できなかった方にこそ、お勧めします。
『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』は、そのモヤモヤを吹き飛ばしてくれます。

前述した、世間知らずで、周りにチヤホヤされてきた美少女、藤野深月の発言に対しても、「お前、何を勘違いしているんだ?」と、冷静なツッコミ。

すでに完成されたキャラと、世界観。
それゆえ、武村雄介と一緒に、現代文明が滅びた街を歩いていく感じ。

藤野深月は、リアルの女子校生と同じ反応
セックスどころか、見知らぬ男に触れられることも、嫌がります。
けれども、この極限状況では、無条件で助ける人間はおらず……。

なろう系の主人公が悩む

同じマンションで、同じ階にいる、美人OL、黒瀬時子を犯します。
ゾンビ化しているものの、目が虚ろというだけで、生身のよう。

捕らえた時子は、主人公が性欲処理をする相手
そのおかげで、藤野深月と遭遇した時にも、いきなり暴行せず、冷静に対応できました。
細かい話ですが、「不能や、信仰による誓い、訳の分からない理由にしなかった」という展開も、この作品がヒットした理由の1つ。

武村雄介にとっては、「ゾンビが邪魔なだけ」という環境に。
それを見た人々が、勘違いして、外へ出てきたら、ゾンビ達に食われる場面も……。

雄介は、別に人格破綻者ではないから、「俺のせいで……。いや、こいつらが自分で、出てきただけだ。気にしても、仕方ない」と、葛藤します。
ヘイトを集めないよう、細心の注意を払っていることが、よく分かりますね。

群像劇の人間ドラマを楽しめ

『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』に登場するキャラは、記号ではありません
モブですら、自分の考えを持ち、独自に動くのです。

一般向けの「なろう」では、「ほら、もう大丈夫だよ! 僕たちのホームに来なよ!?」となる場面でも、武村雄介は「知らん」と言うだけ。

この序盤では、雄介も、訳が分からず。
色々な人物と会うことで、危機感を募らせていく流れ。

藤野深月に対しても、「ペットの面倒を見る」ぐらいの感覚で、食料を渡しただけ。
ここは、人としての恩情です。

自己評価が高い深月は、狭い空間に閉じ籠っているストレスもあり、一方的に要求するだけ。
辟易した雄介が、「じゃあ、抱かせろ」と言ったことで、前述の有名なセリフに……。

原作のイメージとして秀逸

一枚絵から、『ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない』の世界を感じとれます。
原作では描写しきれない、細部まで。

たとえば、主人公の武村雄介は、いかにも男の部屋に、住んでいます。
安っぽい棚と、低い台の上に薄型のテレビ。
作業をしやすいデスクと、意外にも、座り心地が良さそうな、ヘッドレスト付きの、メッシュが支えとなる椅子。

これらを見るだけでも、「おー、そうなのか!?」と、感動できます。

残念ながら、これは、アニメ化されません。
藤野深月との純愛になっており、エロアニメでは、見所が少ないから。
普通のアニメとしても、彼は、主人公としての言動にあらず。

決して、抜きゲーではないものの、その人間ドラマは秀逸
暴力を厭わないが、チートで虐殺をせず、美少女を見れば欲情する、「普通の若い男」が、ポスト・アポカリプスの世界を旅します。