テイル・アンダークラスト!催眠ヨワヨワ女子のハスミと最後の7日間!

街の危険なエリアを1人出歩く、ハスミ。
男たちに催眠をかけられ、あっさりと餌食に。
アンドロイドの「マルコ」に救われたものの、「7日後にやってくる隕石群を阻止しなければ、人類が滅ぶ」と言われました。

テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-として、富士山の麓にある巨大な隕石孔から、下へ、下へ。
人類の未来は、催眠ヨワヨワの女子と、胡散臭いアンドロイドの手に、委ねられた!

作品の概要

拠点で情報やアイテムを整理しつつ、ダンジョンへ潜っていくハスミ。
危険なモンスターや、怪しい人々を退けつつ、最奥部まで、辿り着けるか!?

富士山の麓とハスミの穴

Hイベントが満載ですが、本質的にハードSF
相方のマルコと掛け合いつつ、未来の技術による変身スーツで戦うのです。

『テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-』は、「1つのダンジョンをクリアすると、拠点でイベント発生」という流れ。

タイムリミットは7日間ですが、ゲームシステムとしては、普通のRPG。
様々なギミックを動かしつつ、迷宮になっている洞窟を進んでいきます。

拘束と催眠によるH攻撃

『テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-』は、ハスミが催眠にかかります。
戦闘エロ、敗北H、拠点のHイベントの3種類

変身後のハスミは、乳袋がある、スケベスーツ。
一撃の威力を重視した「マイティ・モード」と、手数がある「スウィフト・モード」の戦闘モードを任意に切り替えられます。

敵は、拘束系ステート、催眠系の2つがあって、ジャンケンのように戦闘モードとの相性があります
つまり、プレイヤーの選択によって、「サクサクと攻略」「拘束、催眠をされまくり」のどちらにも!

7つのダンジョンを制覇せよ!

理由はともかく、主人公のハスミは、けっこう投げやり。
冒頭から、「危険なスラム」と思われる場所を歩き、催眠からの乱交でしたし……。

『テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-』のぴっちりスーツは、エロ攻撃では大事な部分だけ破られます。
戦闘中のHシーンでは、セーラー服と、変身スーツの2つがある寸法

おさらいオナニーシステムは、特定のアイテムを見つけることで、可能に!
分かりにくい場所にあり、それを発見するのも、大きな楽しみです。

ヴァイゼの感想!

同人エロゲで貴重な、SF枠。
後世に伝えたい、『テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-』を解説します!

人と同じ扱いのアンドロイド

前述したように、ガチのSFです。
ハスミが深く考えないため、あっさりと流されていますけど……。

たとえば、「未来から来た」と自称している、オーバーテクノロジーを持つ「マルコ」。
寝泊まりをする拠点にも、「以前は人だった」という、アンドロイドが。

「人類を救うため、謎の教団も入り込んでいるダンジョンへ潜り、最深部にいる中ボスを倒す」
基本的に、この繰り返し。

ハスミちゃんが、すぐに拘束や催眠にかかるため、見ていて飽きません。
ナビゲーター役の「マルコ」のおかげで、「先に説明があれば……」にならず。

地学部のように豆知識

面白いのが、地の底を彷徨っている中での、石の豆知識
「小中学校の理科?」と言いたくなるほど、様々な鉱石についての説明があります。

持ち歩ける端末となった「マルコ」が、大真面目に、ハスミちゃんに解説します。
見ることの意味はないものの、妙に癖になるイベント。

まあ、厳密に言ったら、「隕石の衝突で作られた洞窟」なんて、ダイビング並みの装備がないと、自然に発生したガスや、無酸素で倒れますけどね?

ダンジョンは様々で、放棄された廃鉱山、ツタだらけの地下湿原など。
いきなり暴行されたハスミちゃんは、けっこうドライで、ひたすらにセクハラ攻撃でも、安心して見られます。

催眠に弱すぎるハスミ

「戦闘中のH」が売りで、立ち絵が変化
分かりやすいように、胸、股間が破れていき、同時にデバフが重なり、抵抗できない状態へ……。

この女子校生は、間違いなく、ドM!
冒頭も「ハメ待ち」で、人類を救うための冒険でも、どこか嬉しそうな表情のまま、敵の責めを受けていますから。

催眠ビームが光れば、ハスミちゃんは、すぐに蕩け顔。
悪人、スライム、植物モンスター、機械と、幅広い手段で甘く責められ、アヘ顔で「気持ちいい♥」を連呼します。

これだけ好き者なら、趣味と実益を兼ねたアクメは、まさに最高でしょう。
遊んでいるプレイヤーとしても、その期待に応えたい!

近未来のSF世界で群像劇

ドMのハスミちゃんは、スケベが狙いで、人類の救済はついで。
けれど、他のメンバーは真剣に動いており、富士山の麓で、調査が続けられます。

未来のテクノロジーで、変身ヒロインになったハスミが先行するものの、根本的に群像劇。
「マルコから、『未来の地球がヤバい』と説明すれば?」と突っ込む話ですが、「もう時間がない」「教えても、すぐに信用されない」の理由で、たった1人の防衛軍。

どっちみち、7日間で最深部へ潜り、隕石群を呼び寄せている元凶を叩くしか、方法はありません。

『テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-』は、ドMの少女が、多くの人や、モンスターに催眠アクメをされ続けた末に、ハッピーエンドを迎える話。
洞窟と、ハスミちゃんの一番奥に、ゴツゴツと当たりながら♪

地下1,000mを越えた先に

地下の洞窟には、ロマンがあります。
ハードSFの設定で、その真逆である、「ドMの美少女がヤラれまくり」は、斬新な組み合わせ。

『テイル・アンダークラスト -ハスミと最後の7日間-』は、オーソドックスな、お使い。
隠し要素を除けば、「決められた通りに進み、ギミックを動かして、先へ」という流れ。

とにかく、雰囲気が最高です!
ハスミちゃんに、変な過去をつけなかったから、気軽にシコれて、感動できます。

ダンジョン内にいる悪人、モンスターも、彼女を楽しませるべく、スタンバイ中。
ぜひ、ハスミちゃんで、遊びましょう!