お兄ちゃんは限界!?シスタートラベルで妹との冒険を始めませんか?

「俺がお前の……お兄ちゃんだ!!」
出会う年下は、全て妹。
可愛い妹……。

ここにあるのは、今では絶滅したゲームブック、あるいは、TRPGの世界
そして、あなただけの…限界!?お兄ちゃん シスタートラベルという、妹だらけの空間。

作品の概要

「冒険、妹妹妹妹、戦闘、妹」
それが、『限界!?お兄ちゃん シスタートラベル』の全て……。

TRPGを知っている者は幸せ

用意されたダンジョン、クエストをこなし、人々から感謝され、報酬と経験値を得る
それこそが、本来のRPGです。

進行するゲームマスターが、ルールブックに従って判定しつつも、そのシナリオをみんなで楽しむ。
杓子定規ではなく、自由に行動できて、その選択肢の結果を受け止める。
ただ、それだけ……。

未踏の遺跡を調べ、モンスターと戦い、財宝を持ち帰る。
あるいは、初めての発見。

生死を共にするは、可愛い妹たち。
「妹と、呼びたい。『お兄ちゃん』と呼びたい」
そんな、あなたへ送る、物語……。

限界!?お兄ちゃん シスタートラベル

妹だらけのエロハプニング冒険

過去作、『妹!せいかつ~ファンタジー~』との共通点も見られますが、こちらから始めても、大丈夫です!

出てくるのは、全て妹。
血が繋がっていなかろうが、それは妹たち……。

今となっては、珍しい。
これは、エロハプニングと、鈍感難聴ではない、本番セックスがある……愛がある冒険譚

18禁版の「なろう小説」

『限界!?お兄ちゃん シスタートラベル』は、18禁バージョンの、なろう小説。
邪魔者はなく、「お兄ちゃん!」と慕う、妹たちとの冒険だけ。

上の画像のように、シコれる一枚絵や、彼女たちとの会話を楽しめます!

TRPGの雰囲気が強く、調べられるポイントをクリックして、イベントが発生する仕組みです
「時間稼ぎで、余計なギミックを仕込んだダンジョンは、うんざりだ!」と考えている方にこそ、プレイしていただきたい!

ヴァイゼの感想

シンプルで、面白い。
今では絶滅してしまった、純粋な冒険が、ここにあります。

主人公のキャラが一番濃い

『限界!?お兄ちゃん シスタートラベル』は、主人公のキャラが濃いです。
「なろう小説で、敵を煽り倒すキャラ」と考えれば、だいたい、合っています。

「このキャラを受け入れられるか?」で、この同人エロゲの評価が、真っ二つに……

前述したように、『妹!せいかつ~ファンタジー~』で登場したキャラ、モンスターも出ます。
ただ、過去作は「妹だけを見て、セックスする」という状況で、NTRにならず。

基本的に、対人戦闘ではなく、その意味でも、万人向け。
Hシーンの構図も、ダイナミック!

同人エロゲでこの路線は珍しい

女主人公を操り、どんどんスケベにする、昨今。
正統派のエロ主人公で、女キャラに絡む展開は、逆に珍しいです

カラーになった一枚絵は、どれもハイレベル。
妹キャラゆえ、童顔であるものの、リアリティを残したボディラインは、そそります。

『限界!?お兄ちゃん シスタートラベル』は、妹系、探索型スケベRPGです。

確かに、お兄ちゃんに従順な妹は、幻想だろう。
現実に妹がいる男は、妹モノで抜けなくなる。
だが! ここには、その理想があるのだ!!

妹スキーだけど性癖は普通

気になるプレイ内容ですが、わりと普通のセックスです。
一般的に、変態と称されるものはなく、女体を楽しむだけ

まあ、「赤の他人に、『お兄ちゃん!』と呼ばせる性癖は、普通なのか?」と聞かれたら、返答に困りますけど……。

『限界!?お兄ちゃん シスタートラベル』は、妹が大好きな、お兄ちゃんのために!

風呂上がりに、ばったりと出くわす。
全裸で、バックから突く。
妹の股間を弄り、「おやおや? お漏らしかな?」と、煽る。

ここには、あなたが待ち望んだ、理想郷があります。

ゲームブックだからサクサク♪

「ダンジョンに仕掛けや、複雑な構造を」
そういった時間稼ぎは、『限界!?お兄ちゃん シスタートラベル』で無縁!

サクサクと進み、ゲームマスターのような、状況の解説。
さらに、同じパーティーにいる、妹たちとの会話。

優しい。
あなたが全肯定されつつ、可愛い妹たちと冒険できる、そんな世界……。

気軽に遊べて、思い切りシコれる、異世界ファンタジー。
妹だけを抽出した後で、丁寧に濾したのが、シスタートラベルです♪

過度に期待せずノリを楽しもう

古典的な冒険であるものの、これは同人エロゲです。
抜きどころを提供しても、「誰もが感動する、素晴らしい物語を!」と期待されても、困ります

主体は、妹たちとの冒険と、無事に帰還した後のH。
そこをはき違えなければ、『限界!?お兄ちゃん シスタートラベル』は、あなたに至高の時間を与えるでしょう。

『妹!せいかつ~ファンタジー~』で培われた、妹への愛。
それは、この作品でも、いかんなく発揮されています。

未知へチャレンジする興奮もある、スケベな冒険。
妹に惹かれる、あなたに、オススメします♪